テンプレート販売開始しました!   

ワードプレス

WordPressでカレンダー機能を実装する方法【厳選3選+α】

2020年4月22日

ワードプレスに入れるカレンダーのプラグイン、どれかいいか迷ってる…。

ひとえにカレンダーといっても、表示したい項目によって利用するプラグインが変わってきます

・定休日を知らせたい
・イベント情報を掲載したい
・予約機能を導入したい

高性能なカレンダーは設定が難しいうえに、ドキュメントが英語で書かれておりどのプラグインを選えばいいか判断がつきづらいはず。

そこでここでは、プラグイン開発者でもある筆者が厳選してご紹介します。

本記事の権威性

・元大手WEB会社のプログラマー
・カレンダー機能の作成経験あり
・プラグインの開発者

WordPressでカレンダーを導入する方法

選ぶコツは「やりたいことを事前にリストアップしておく」ことです。難易度別に分けてみました。

よくある機能例

  1. 休日・定休日をのせたい【難易度:★☆☆】
  2. イベント情報をのせたい【難易度:★☆☆】
  3. 予約機能と連動させたい【難易度:★★★】
  4. 出欠管理をのせたい【難易度:★★☆】

表示したい項目によっては、難易度があがり高性能のプラグインを選ぶ必要があります。

例えば、①定休日をのせるだけならプラグインは使わず、Googleカレンダーで充分です。既存アカウントからお店用にカレンダーを作ることもでるので、面倒な設定は不要です。詳しくみていきます。

その①:Googleカレンダー

Google社が提供しているカレンダー機能。個人で使っている方も多いかと思いますが、お店のカレンダーとして利用することもできます。利点としては、Googleアカウントがあればすぐに実装できる点です。

方法は簡単。発行されるコードをコピペするだけ。

 html
<iframe src="..." style="border-width:0" width="800" height="600" frameborder="0" scrolling="no"></iframe>

できること

  • 定休と休日の掲載
  • イベントの掲載
  • 複数イベントも可

実際に飲食店でも利用されています。

APIを使えば、デザインのカスタマイズすることができます。

思った以上に汎用性が高いうえに、HTML知識が必要ないところが高評価です。

その②:Event Organiser

次に紹介するのは、ワードプレス内で完結する方法です。

「Event Organiser」の特徴は、イベント詳細ページを作成できる点です。ほとんどの場合、イベントをつくるときは詳細ページをセットで用意します。ですので、この機能は必須です。

実際に実装されている飲食店を例にみていきます。

リンクをクリックすると、詳細ページに移動します。

表示方法はどうやってやるんですか…?
「ショートコード」を固定ページもしくは、投稿ページに入力すればOKです。

こんな方法も便利です。

毎週行うイベントをつくるときは、以下をチェックしておけば、一括で設定できます。

色分けしておけば、複数のイベント管理も可

ショートコードを例にみていきます

・例1)カレンダーを表示する

デフォルトで表示した場合

 html
[eo_fullcalendar]

・例2)ヘッダーの位置を変える

パラメータを追加して、表示項目を変えることができます

 html
[eo_fullcalendar headerLeft='' headerCenter='' headerRight='prev today next']

パラメーターを追加すれば、表示項目を制御することもできたり、CSSの知識があればデザイン調整も可能です。

その③:Attend Manager

「Attend Manager」は出欠管理ができるプラグイン。

時間軸で管理することができ、美容室やマッサージ店など複数のセラピストの出勤管理にむいています。

キャスト管理も同時におこなうこともできます。

こちらは有料12960円です。テーマとセットで購入することができます

その④:MTS Simple Booking

予約専門のプラグインといえば「MTS Simple Booking」。無料版と有料版があります。国産のプラグインでマニュアルが日本語で書かれている点が嬉しいところ。

ただ、難易度が高いため、設定で苦労している方がやや多い印象です。

WordPressの知識が必要です。素人が設定するには難しいかもしれません、、。

とはいえ、予約機能に関しては無理にプラグインで実装しなくてもいいと考えています。理由は無料で使えるサービスが存在するからです。詳しく説明します。

ワードプレス以外で実装する方法

予約機能はワードプレスで完結しなくても、無料で利用できるサービスはたくさんあります。

WEB予約システム

  • Airリザーブ
  • RESERVA(レゼルバ)
  • Coubic(クービック)
  • SELECTTYPE(セレクトタイプ)
  • SuperSaaS(スーパーサース)

これらは決済まで連動しており、予約機能を一元化できるところがポイントです。

ほかにも、「食べログ」「ぐるなび」があり、予約数に応じて料金が発生する「従量課金制」サービスもあります。

予約が入らない限り費用は発生しない仕組みとなっています。集客目的しても高い効果があります

個人的には、ワードプレスで完結することを目指すより、自分のサイトの合う機能を満たしているかどうかが大事だと思っています。予約機能を導入したいときは一度こちらも検討してから決めることをおすすめします。

まとめ

最後にまとめます。

プラグインで選ぶなら、この4つから選べば間違いなしです。あと気をつけておきたいのは、デザインの拡張性です。

実際いれてみたら自社サイトのテイストと違う!とならないように、導入前にサンプルをみておくことをおすすめします。

上記からそれぞれの詳細ページを載せているので、デモページを参考にご自身の用途にあったモノを選んでください。

-ワードプレス

© 2021 ICHIKARA