テンプレート販売開始しました!   

LPO・ランディングページ

サイト型LPとは?SEOを意識したコンテンツづくり(事例付きで説明します)

 

サイト型LPとはどんなことをいうんですか。実際どうやって作るのか知りたいです…。

 

言うまでもなく、LPではSEO対策が難しいとされています。一方で、LPの下層ページに記事を書くことで、強化する手法があります。

 

これを「サイト型LP」と呼んでいます。

 

コンテンツSEOとも言われており、大手企業でも採用されている方法です。

とはいえ、どういうキーワードを狙えばいいのか、どのくらいのサイト規模にするべきか。これから作ろうと悩んでいる運営者の方も多いと思います。

そこで、今回はどうやって作ればいいのか、具体的な事例をおみせつつ、解説していこうと思います。

 

サイト型LPとは

 

トップページにLP(ランディングページ)を置き、下層ページに記事を書くという手法のことです。

 

この手法には目的が2つあります。

 

一つ目は、コンテンツを知ってもらうために記事を書く。そして認知してもらうこと。二つ目は、SEO、です。

 

単体ページでは難しかったSEO集客に対して、関連記事を書くことで、コンテンツのボリュームを増やす。こうすることで、全体のコンテンツ価値があがり、LPでも集客できるメリットがあります。

 

なぜ必要なのか

 

LPはセールスページであり、集客効果はない、からです。

 

では、サイト型LPにするとどういうメリットがあるか。

  • LP自体の順位があがる
  • 関連記事から成約が生まれる
  • 広告がいらなくなる

 

LP自体の順位があがる

 

SEOは要するに、陣地取り、です。

 

つまり、関連する記事で上位がとれるほど、トップページの価値があがっていきます。

 

例えば、渡部の歩き方、という番組があります。

この単一キーワードで1位をとっているのが、僕が過去に作ったサイトです。

 

1位をとれたのは、トップページを作ってからおよそ1年後。

  1. 順位は圏外からスタート
  2. → 関連記事を書く
  3. → 関連記事で上位表示される
  4. → じわじわと順位がランクイン
  5. → 2−3位をうろうろして
  6. → 1年後あたりに1位になる

 

ポイントは、関連記事を書いた、ことです。

関連記事を書いてすぐ上位にいくわけではなく、ゆっくり上位にあがっていくようなイメージです。

 

関連記事から成約が生まれる

 

記事には、成約に近いキーワードとそうではないキーワードがあります。

 

高級時計を例にするとわかりやすいです。

①:高級時計
②:ロレックス
③:ロレックス+品番

このうち、成約率が高いのは「③」です。

 

つまり、

①:高級時計 → 興味を持っている段階
②:ロレックス → 欲しいものを選んでいる段階
③:ロレックス+品番 → 購入を検討している段階

とわけることができます。

 

意外かもですが、ロングテールで記事を書いている人は多くありません。なぜなら、成約には検索ボリュームがある程度必要と思っているからです。

ちなみに、ロングテールだけ狙って、収益化することも可能です。もっというと、オセロのように関連記事が自サイトに占めていくので、順位があがっていくので「いいことづくし」です。

 

広告がいらなくなる

 

多くの場合、広告に依存しています。

SEO集客できると、リスティング費用も抑えることができます。

 

では、実際にどのくらい費用を抑えられるか。

 

六本木に「パームス」というパーソナルジムがあります。

こちらは、トップページがLP。下層ページにブログを掲載している、サイト型LPの代表例です。

 

こちらがTOPページでかつ、LPです。

 

 

一方、このサイトの下層ページには「コラム」があります。

さきほどの、興味を持っている段階のユーザに対して、記事を書くようなイメージです。

 

ちなみに、このサイトの順位をみると

パーソナルジム + 六本木

 

こちらを検索すると、1位、です。

※2021年1月28日時点の結果です

 

では、リスティングでとる場合、どのくらい費用がかかるのか。

クリック単価 1300円 * クリック回数 120 = 86000円

これを1位をとると、約10万円、コストがカットできます。

 

ちなみに、この会社は各地域に出店しているので

 

毎月170万です。なかなかのインパクトです…。こう考えると、いかにSEOがコスパが高いかわかりますね。

 

どうやってやるか

 

具体的なステップは以下です。

  • キーワードを洗い出す
  • キーワードを整理する
  • 成約キーワードを抜き出す
  • 記事を書いていく

 

まず、網羅したキーワードを一つ決めます。

 

仮に、ロレックス、するとします。

 

まずは、キーワードの洗い出しをします。

 

ラッコキーワードを開き、

すべてキーワードをコピペします。

>> https://related-keywords.com/

 

次に、キーワードの整理です。

 

1キーワードづつジャンルごとに分別していきます。マインドマップを使うと、一目で理解できて便利です。僕は「MindMeister」を使ってます。

 

あとは、優先順位をつけていきます。

 

本気やるなら全部やる。このくらいやったほうがいいのです。とはいえ、まずは成約が近いところから記事を書いていきましょう。

 

※余談

キーワードの洗い出しが苦労します。そもそもどういうキーワードを選べばいいか。このあたりは運営者のうでにみせどころだったりします。

このあたりは、また別記事で紹介しようかなと思っています。

 

まとめ

LPを作った当初は、やはりリスティングや広告に依存しなくてはいけません。

とはいえ、将来的に考えると、サイト型を目指す方が圧倒的にコスパがいいです。

となると、キーワード選定だったり、ブログを書く人が必要になったりします。社内で確保するのは難しいと思えば、外部に依頼するのもありです。

実際に、僕もキーワード選定だけ社内で行い、記事作成はランサーズで依頼していました。こんな感じで、自分たちには無理と決めつけず、どうやったらうちでもできるかなと考えるとスムーズにいくと思います。

 

ということで、今回は以上となります。

 

-LPO・ランディングページ

© 2021 ICHIKARA