テンプレート販売開始しました!   

アフィンガー

ライセンスもクリアできた!複数サイトで使い回しができるテーマ【デザイン拡張+高機能で選ぼう】

2020年6月22日

新規サイト向けに新しいテーマを購入を検討しています。使い回しができるテーマってどんなものがありますか?また、選ぶときはどんな点に気をつければいいですか?

 

使い回しができるテーマといえば、

  • アフィンガー
  • JIN
  • STOCK

このあたりが、上がってくると思います。

 

共通していえるのは、高機能であることです。

 

SEOに好まれる構造であることはもちろん、いろんなジャンルでも使えるように、デザインの拡張性が高いものが好まれます。

つまり、使い回すということは、複数のサイトで使えるように高性能である必要があります。

本記事の内容

・使い回しテーマを選ぶ基準
・選ぶときに注意しておきたいこと
・テーマを無料と有料から厳選

 

あとは、ライセンス、についてですね。

把握せずに使っていると、最悪な場合、制作者側から多額な料金を請求されてします。

この記事を最後まで読めば、使い回しに関する注意すべき点をクリアして、サテライト用のテーマを決められるはずです!

 

高性能なテーマを選びましょう

同じようなサイトにならないようにするコツは、バリエーションが多いテーマを選ぶことです。

 

バリエーションを増やすコツは以下です。

  • デザインの拡張性があるか
  • サンプルもしくは実績があるか
  • 装飾の幅があればなおよし

 

デザインの拡張性が高い

 

デザインの拡張が高いと、さまざまなタイプのサイトが作れます。

 

このデザインはけいこさんが運営する「幼児教材ガイドブック」

コンテストで1位を獲ったサイトで、アフィエイトの王道なデザインです。とてもみやすくて、わかりやすいです。

 

一方こちらは、可愛らしさを押し出しているサイトです。

「このサイトが同じテーマが使っている、、、」といわれても最初は戸惑うほどクオリティが高い。。

ほたるさんはデザイナーさんのようなので、画像はオリジナルです。CSS知識があれば、装飾もゴリゴリ変更できます。

 

ブログサイトはシンプルなデザインが好まれます。

おそらく「シンプルなデザインだから文章が伝わりやすいのでは」と思う人が多いのでしょう。

ワンポンイトに差し色をいれるだけで、オリジナルな印象を与えることができます。

 

ほかにも、趣味サイトのようなデザインにもできます。

 

これらは、すべてアフィンガーで作られており、管理画面上もしくはCSSの調整で、ここまで作れます。

 

デザインの幅を増やすのに効果的なものは以下です。

  • サイトのメインカラーを変える
  • カラム数を変える
  • 装飾パーツを使う

 

他ジャンルのサイトを運用したいときは、色合いを変えるとグッとイメージが変わります。あとはヘッダーのデザインやロゴをいれるだけでも、ガラっと印象が変わります。

 

実績があるかどうか

テーマの実績も重要です。

 

例えば、

  • SEOでの上位実績
  • デザインの評価
  • テーマの運用年数

 

「評価されているデザイン」っと考えると、ちょっと難しいかもです。見つけ方のコツは、コンテスト受賞者から探す、とみつけやすいです。

 

例えば、a8コンテストは、数多くのアフィリエイトサイトをみているASPが審査しており、登録者数280万人の中から選ばれます。

 

1位をとったあずさんのサイトです。

 

 

こちらのサイトがどのテーマを使っているかをみるには、

ソースをみるとわかります。

使用テーマは「JIN」ということがわかります

 

あとは「テーマ名 参考」などでググると、そのテーマで作られているサイトをみつけられますので、詳しくみたい方は試してみてください。

 

装飾の種類が多い

装飾は多いことに、こしたことはありません。

バリエーションが増えますし、サイトの雰囲気も変わります。

装飾の種類が増えると、サイトの幅が広がります。

ですので、装飾パターンが多いテーマを選びましょう。

 

使い回しテーマはこの中から選ぶ

上記をクリアしているのは、この3つだけです。

 

アフィンガーで順位があがったと聞いたことはありませんか?

 

僕もSANGOからアフィンガーに変えて、順位が上がった経験があります。記事内容は全く変えずに、テーマを変えただけで、順位が上がりました。

 

a8フェス常連のテーマですし、多くのアフィリエイターに支持されてます。

 

なお、運用しているサイトで、単一ワードをとることもできました。

 

もしかしたら「このテーマを使っていなくても大丈夫だったかも、、?」という気持ちはありますが、少なくともこのテーマを使えば、1位を狙えるとことがわかったこともたしかです。

ですので、僕はこのテーマを今後も使っていくと思います。

 

スプリットライセンスかどうかチェック

最後に、ストークが外れた理由について書きたいと思います。

それは、規約に問題があるからです。

ストークの規約にはこんなことが書かれています。

1回の購入で1サイトにご利用可能です。

テーマ内のPHPファイルはGPLライセンスです。

画像やCSSファイル、JavaScriptファイルは独自ライセンスとなりますので、それらをコピーして別サイトとしてご利用いただくことはできません。

ストーク利用規約より

つまり、1サイトでしか使うことができないんです、、

例えば、2サイトでストークを使う場合は、2個購入する必要があり、11,000 * 2 = 22,000円、かかります。

 

各テーマの利用規約

テーマ名 使い回し有無
AFFINGER
JIN
SANGO
STOCK ×
THE THOR
Diver
権威
tcd
SWELL

 

規約上問題あるかどうかは、上記のとおりで、紹介したテーマで使い回ししても大丈夫です。

ただ複数人で運用することはNGとされています。

つまり、自社で購入したテーマで流用することはできないので、別途購入する必要があります。

 

まとめ

  • バリエテーションが多いものから選ぶ
  • 有料の方が機能は充実している
  • ググって実績をみておく

 

僕は2年ほど前からアフィンガーを利用しており、運営サイトのうち、3分の1はこのテーマで使っています。

デザインは若干ビジネス寄りなので、ターゲットを変えるときは別のテーマを使っていますが、シンプルでかつ、デザインの拡張性が高いところが気に入っています。

とはいえ、今流行りのテーマを使うのも、全然アリです。

旬なテーマを使えば、デザインの幅も増えますしね。

 

-アフィンガー

© 2021 ICHIKARA