テンプレート販売開始しました!   

ワードプレス

【wordpress5.5対応】ワードプレスでサイトマップが表示されない!サイトマップ機能をOFFにしてプラグインを使おう

こんにちは!さのっちです。

普段はワードプレスのパブリッシャーをやっています。

 

こんなツイートをしました。

wordpress 5.5 アップデート開始しましたね

今回はわりと大きな変更があります

・サイトマップの自動生成
・テーマ&プラグインの自動更新
・lazy loadの標準装備 ...etc

いろいろバグありそうなので、
対象方法などもまとめようかな…

β版のためか、5.5にアップデートすると、

画面が真っ白になったり、サイトマップのページをうまく表示できない・・といった現象が起きています。

 

といっても、解決方法はすでにわかっており、

サイトマップ機能をOFFにしてしまうこと。これで解決できます。

 

OFFにしても、サイトマッププラグインを使っている人がほとんどだと思うので、問題ありません。

とはいえ、今後は標準のプラグインとなるはずなので、

コアサイトマップとはどんなことができるのか、わたしたちにどう役に立つのか。という視点を解説しますので、ぜひ参考ください!

 

サイトマップが標準機能になる

  • wordpress 5.5 から標準装備となる
  • 「wp-sitemap.xml」というファイルが自動生成される
  • 「robots.txt」に書き込まれ、クローラーが巡回する

 

ではどんな形でサイトマップが作れるのか、図でみていきます。

上から説明していくと、

・投稿ページ
・固定ページ
・カテゴリページ
・カスタム投稿ページ
・ユーザページ

要するに、投稿スタータス別にわかれてファイルを生成されます。

 

きちんと動かないケースがある

このサイトはアフィンガーを使っているのですが、うまくサイトマップが動いてくれません・・

 

wp-sitemap.xmlは開けるのですが、各サイトページが以下のようになります。

 

 

具体的にどんなことが起きているかというと、指定ページにリダイレクトがかかっており、301を繰り返している状態。

 

このため画面が真っ白になっています。

 

対処法としては、サイトマップ機能をOFFにします

 

以下のコードをfunctions.php、に追加します

 html
add_filter( 'wp_sitemaps_enabled', '__return_false' );

これでサイトマップ機能をOFFにできました。

 

サイトマップは「Google XML Sitemaps」を使う

Google XML Sitemaps

 

理由は現在のサイトマップは最低限の機能しかついておらず、サイトマップとしては不十分だからです。

一方、「Google XML Sitemaps」は以下のことができます。

  • priorityの設定が自由にできる
  • noindexの設定ができる
  • カテゴリやタグページの除外できる
  • 特定のページの除外も可能

 

言わずと知れたプラグインなので、説明は不要かなと思いますが、

標準のサイトマップと比較しても、優秀なことがわかると思います。

しかも、bingの送信も自動でやってくれており、プラグインのなかでもトップクラスです。

 

まとめ

コアサイトマップは使わず、「Google XML Sitemaps」を使いましょう。

機能をOFFにしておかないと、エラーになるので必ず設定しておいてください。

ちなみに、noindexにしているファイルをサイトマップにいれておくと、コンソールよりアラートがきます。

サイトマップは出しわけは、順位にも影響する可能性があるので、きちんと整備しておきましょう。

-ワードプレス

© 2021 ICHIKARA