テンプレート販売開始しました!   

ワードプレス

【決定版】最も使いやすい・・!目次プラグインはどれ?【利用者にアンケート】

自作でテーマを作っています。目次プラグインを導入を考えているのですが、どんなプラグインがありますか?

利用率について、アンケートをとりました。

・TOC+ 26.7%
・RTOC 20%
・テーマのものを使っている(cocoonなど)20%
・使っていない 33.3%

プラグインを使っていない方も多いようですが、

目次は入れるべきです。

どんなことが書いているのか一目でわかりますし、

ユーザビリティの向上につながります。

ユーザビリティを高めることができれば、

SEO効果が見込めます。

要するに、目次をいれることは、SEO対策になるということです。

 

この記事を書いている人

本業はWEBディレクターをしています。クライアント用に目次プラグインを導入を検証するために、インストールして試した結果、とても詳しくなりました。

この記事を読めば「なぜ目次プラグインが必要なのか」理解できると思います。

これから導入したいと考えている方、ぜひ参考ください!

 

目次プラグインをいれるメリット

プラグインを使うことで「見出しをリンク化」することができます。

 

期待できる効果としては、

  • 検索バーにリンクが追加される
  • どのキーワードが流入したかわかる
  • リライトするときの指標になる

 

要するに、目次は順位をあげるためのツールとして、活用できるということです。

 

リライト方法は「おおきさん」がまとめてくれています。

上記の手順でリライトすれば、順位アップが見込めるということです。

 

さらに目次はリライトだけではありません。

目次はユーザ体験(UX)にも貢献してくれます。

 

まずはデータをおみせします。

目次プラグインをいれた次の日データです。

直帰率、平均滞在時間、セッション数、伸びています。

目次を導入することで、自分の欲しい情報がどこにあるのか、知ることができ

 

結果的にアクセス数が伸びたのだと思います。

 

なぜRTOCを選んだのか?

  • サイトのコーディネートがしやすい
  • チェックするだけ!カンタンに設定できる
  • 記事別に出しわけができる

 

以前はTOC+を使っていましたが、

上記の理由で切り替えを決めました・・!

 

あと実際に使ってみて、デザインの拡張性が高いなと・・

TOC+だと、CSS調整する必要があるのですが、

RTOCなら、チェックしていくだけ。

 

さらに、すべて管理画面から設定を行えるので、

設置がとてもカンタンでした!

 

RTOCとは

  • JINの開発会社が提供
  • 累計7000インストールされている
  • ワードプレス公認のプラグイン

RTOCはJINを開発会社CROOVER.incから提供されているプラグインです。

JIN専用のプラグインというわけではなく、他のテーマでも利用できます。

ちなみに当サイトのテーマはアフィンガーですが、問題なく動作しています。

※余談
公式のプラグインになるには、厳正な審査を通過する必要があります。ですので、セキュリティ面などもクリアされてます

 

その他プラグインと比較【TOC+もありです】

記事の指定 デザイン性 除外IDの選択 データ集計
RTOC ×
TOC+ ×
SUGOI MOKUJI
easy table of contents ×
自作 - - - -

 

機能面ではさほど差はありません。

もっとも利用されているのは「TOC+」ですのでデザインはこだわらなくてものであれば、そちらの利用もアリです。

有料ですが、データを集計できるプラグインもあります。

 

設定手順

3ステップで設定できます。

  • プラグインをインストール
  • デザインを選び
  • 配色を選ぶ

5分ほどあれば、インストールから設定まで行えます。

デフォルトのままでも十分ですが、配色やデザインパターンを変えたい、人向けに詳しくみていきます。

 

デザインを選ぶ

デザインは以下の3種から選べます。

  • 見出しのデザイン
  • 枠のデザイン
  • 表示時のアニメーション

実際にサンプルをみながら、設定できるので、イメージがしやすいです。

枠のデザインを変えると、目次の雰囲気がガラリと変わるので、ぜひサイトにあわせてカスタマイズしてください。

 

配色を選ぶ

次に配色の設定です。

 

RTOCでは以下の項目の配色を自由に変えられます。

・タイトルカラー
・テキストカラー
・配色カラー
・枠線カラー
・h2カラー
・h3カラー

一番使いやすいカラーは「ダーク」です。

記事の文字色って黒ですよね。同じ配色の方があわせやすいです。

もしくはサイトカラーにあわせて、変更する方法も配色に統一感がでてキレイにみえます。

ポイントは配色は1色か2色まで。それ以上使うとやぼったくみえます。

 

目次ボタンをつける

RTOCにはフッター下に設置できる目次ボタンを自動で作成することができます。

目次は基本記事上にあるので、途中で戻りたいときに不便です。

とはいえ、既存テーマを利用していると、すでに「トップに戻るボタン」がついているので、必要ないなと思えば、「OFF」にできます。

ほかにも、文字の制御や、除外したいページの設定もこの画面で操作します。

 

RTOCの利用者の声

ざっとみたところ、不具合も過去にはあったようです。

とはいえ、すでに解決済みということです。

いい例だけでなく、悪い例もあわせて載せていく予定です。

こちらはのちほど、準備していきます。

 

まとめ

  • 目次プラグインは入れておくべき
  • 直帰率を改善策としても効果的
  • データ計測すれば、リライト改善にも

目次はユーザビリティだけでなく、SEOとして効果もあるので、必須でいれておきたいプラグインです。

アナリティクスと連動することで、クリック数の計測が可能になり、リライトの改善にも役に立ちます。

計測方法に関しては「目次のクリック率をサクッと計測!アナリティクスを使った計測方法を解説」にまとめますので、興味がある方はこちらを参考ください。

-ワードプレス

© 2021 ICHIKARA