テンプレート販売開始しました!   

アフィンガー

アフィンガーEXにアップデートしよう!新たに追加された機能から購入手順まで

2020年6月17日

アフィンガーを利用しています。デザインにこだわりたくて、EXの購入を考えています。公式をみてもいまいちわからなくて、、

 

EXはアフィンガー5(WING)の上位版テーマです。

 

黄緑色がEX用のテーマです

 

利用するには、アフィンガーをすでに持っている人、もしくはアフィンガーパックを購入した人が対象です。

 

では、EXではどんなことができるようになるのか

こんな疑問に答えていきたいと思います。

 

まずは結論から書くと、すべての装飾パーツが使えるようになります。

 

・アフィンガーをおしゃれにしたい
・可愛いテイストにしたい

 

ほかの人とデザインで差をつけて、アフィガーっぽくないサイトを作りたい、そんな人向けのテーマといえます。

 

この記事を書いているのは、WING購入歴2年のアフィリエイターです。アフィンガーっぽくないサイトを作りたいなーと思っていて、以前から気になっていました。

そして、思い切って、AFFINGER PACK3を購入しました。理由は、タグ管理マネージャーと一緒に購入したかったからです。

 

本記事では、EXのアップグレードもしくは、パックの購入を検討している方向けて、購入してみて実際どうだったのか、を本音で語りたいと思います。

検討している方は、ぜひここで疑問を解決していってください!

 

EXでなにができるのか

 

EXにアップグレードすると以下が使えるようになります。

 

  • アフィンガーで使えるパーツがすべて利用可
  • すべてのページでカード型が使えるようになる
  • デザインテーマが新しく3つ使える
  • スライダーにタグが使えるようになる
  • 分析ツールが使えるようになる

 

>> 詳細を詳しくみる

 

そのなかでも、実際に使ってみてよかったものをご紹介していきたいと思います。

 

すべてのページで「カード型」が使える

 

これまで、トップページにカード型を実装することはできても、ほかのページではできず統一感を出せずにいました。

 

一方、EXでは「トップページ」「記事下」「記事一覧」などあらゆるところで、カード型が使えるようになります。

 

そしてEXにアップグレードすると、管理画面から設定することが可能になります。

 

しかも、wingのようにゴリゴリ設定する必要はありません。

 

上記のとおり、チェックボックスにチェックをいれるだけです。

 

ですので「HTMLが苦手だな、、」という人でもカンタンに設定できます。

 

デザインテーマ、moca、inazuma、startup、追加

 

EXにはオリジナルの子テーマが用意されています。

 

オリジナルテーマ

・moca → 可愛いテイストにしたい人向け
・inazuma → 男子向け、使いづらいかも
・startup → 企業サイトを作りたい人

 

デザインのテイストは使いたいけど、色合いがなー、と思った方大丈夫です。カスタマイザーを使えばシンプルなデザインに変更できます。

 

※余談

なお、EXをそのまま利用すると、トップページが少し、いまいちです。なので、子テーマを使って調整することをお勧めします。

 

記事スライダーにタグが使える

 

おそらくほとんど人は「あまりピンとこない」かもしれません。

が、アフィリエイトサイトを運営する視点で考えると、デザインの幅が増えることに気がつくはずです。

 

・トップページに人気記事を表示する
・記事内にランキング形式でみせる

 

これまでは、新着記事もしくは、カテゴリ別のみ表示できませんでした。

が、タグで抽出できることにより、自在にグループをつくることができ、どんな場所でもスライダーを使えるようになるのです。

 

ランキング形式で掲載することで、ビジュアルを強化できます。

目につくところをおけば、コンバージョンアップも狙えます。

 

控えめにいっても、かんり便利な機能だといえます。

 

EXをもっと詳しく!

 

一言でまとめると、アフィンガー(WING)の上位版、です。

 

  • 子テーマではありません
  • アップグレードしないと使えません
  • ただしAFFINGERPACK3購入のみ、最初から使えます

 

実は僕も「購入するまで」わかっていませんでした。。。

 

実際のファイル構成はこうなります。

つまり、子テーマはそのまま使い、親テーマだけが切り替わるイメージです。

 

もしかして、再設定が必要になるのでは、、?と思った方。大丈夫です。アフィンガーの設定情報はDBが持っています。

 

DBに格納されている情報

・ワードプレスの設定
・アフィンガーの設定
・カスタマイザーなどの情報
・各記事のタイトルやディスクリプションの設定

 

ですので、テーマを切り替えても、設定はそのまま引き継いでくれます。

 

購入手順について

 

やることは、EXフォルダ、を切り替えるだけです。

 

あとは勝手に、データが引き継いでくれます。

 

購入すると、以下のファイルを送られてきます。

 

このファイルを、アップロードします。

子テーマの設定は特に必要はありません。EXファイルをアップロードするだけです。

 

管理画面をみると、EX、という名称になれば切り替え完了です。

 

やることを1ステップです。「ファイルをアップする」これだけです。

誰でもカンタンにできるので、安心ですね。

 

EXにするかどうか悩んでいる人へ

 

ずばり、他人とデザインで差をつけたい、と思っている人向けといえます。

 

というのも、ほとんどの人は、wingを使っています。

ですので、EXを使っている時点で、ほかの人と差をつきます。

 

EXでは、アフィンガーで用意されている装飾がすべて使えます

そして、なぜかEXの機能詳細は非公開、になっています。

 

こんなものが使えたのか!というようなものも、マニュアルを読んではじめて知ったものもあります。

差をつけたい、、!と思ったらぜひ詳細を確認しましょう。

 

EXで新しく使える機能

 

EXには20種類以上の追加機能があるといわれていますが、非公開となっています。

 

とはいえ、気になりますよね?

 

一部を、少しだけ紹介したいと思います。

  1. 記事一覧ショートコードのスライドショー化
  2. トップページ、アーカイブの記事一覧及び関連記事を「カードデザイン」にする設定
  3. 1カラム(及びLP)のワイドデザイン設定追加(β)
  4. 見出し前広告を『2種類』設定可能に
  5. 記事カード一覧のデザインパターン追加
  6. カウントダウン機能
  7. 自動更新する年月を追加

 

利用頻度が高いものでいうと、⑤、②、①、です。要するに、カード型機能です。

 

ワイドデザインは、アフィンガーでLPをつくりたい、と思っている人にとても重宝される機能です。

というのも、LPデザインは1カラムです。

1カラムをよりリッチにみせるには、ワイドデザインを使えるかどうかをポイントになります。

ですので、アフィンガーでLPをつくるときには、ワイドデザインを使うとよりリッチにみえます。

 

カウントダウンはLPでみたことがある人も多いと思います。

セールスライティングの一つに希少性を訴求するテクニックがあり、カウントダウンがそれに当たります。

クロージングに使うと効果が高いので、記事下に使えばコンバージョンアップにつながるかも。

 

 

すでに持っているなら、値引きできます

 

EXは、WINGを購入している方、が対象です。

 

金額は12000円(税込)です。

 

ただし、例外がありまして「AFFINGER PACK3」を購入すると最初からEX版で利用できます。

 

AFFINGER PACK3限定特典

①:タグ管理マネージャー
②:ABテストプラグイン
③:コピーライト完全削除プラグイン
④:Gutenbergプラグイン

 

通常で購入すると2万の商品が特典としてついてきます。

>> AFFINGER PACK3の詳細をみてみる

 

設定に不安、、でも大丈夫

 

  • わからない人向けにマニュアルあり
  • 利用者も多いのでググればみつかる
  • 詳細は購入者限定でみれます

 

アフィンガーには購入者限定のマニュアルがあります。

 

URLとIDは購入時に発行されます。実際にアクセスすると。

特典ページのキャプチャー画面

 

初期設定の方法、EX限定マニュアル、などがありますので、購入したらぜひ参考にしてください。

なお問い合わせフォームもあるので、制作者さんに直接質問することもできます。

 

まとめ

 

EXについてまとめると、

  • デザインテーマが新しく3つ使える
  • 月1ペースで追加機能が更新してます、今後にも期待
  • デザインで差をつけたい人向け

 

僕は2年前にアフィンガーを購入していますが、テーマの追加、プラグイン追加、機能拡張、などアップデートしていってます。

しかも「買い切りなので購入後は一切費用が発生しない」このような点が、たくさんひとから支持されているのかもしれません。

EXを購入してしまえば、新しい機能もすべて使えますし、今後もアップデートが期待できます。

 

>> EXの詳細をみてみる

>> AFFINGER PACK3の詳細をみてみる

-アフィンガー

© 2021 ICHIKARA