テンプレート販売開始しました!   

LPO・ランディングページ

【現役フリーランスが語る】単価をあげるLPスキルはコレ!プログラミングの知識も必要です

 

どうも。さのっちです。

元プログラマーのフリーランスです。

クライアントワークで1,000万ほど稼ぎました。

 

LPに必要なスキルはHTMLとCSS。これが基本です。

と言いつつ、1ヶ月そこらでは正直案件をとるのは難しそうだな…と思っています。

なぜなら「簡単に習得できるものは、みんなも簡単にできてしまうから」です。

 

ではどうするか。それは数をこなすことです。

 

数をこなしていくと、いろんなパターンのLPに出会います。

フォームが付いているもの、アニメーションが入っているサイトなど。こういった機能にはプログラミングの知識が必要です。

こんな感じで、サイトに触れていくと、アイディアが湧き、他と差別できるようになっていきます。

 

ということで、今回は、LP制作に行う上であると収益が伸びるスキルについて、解説します。

実際に学んだなかで、必要なものだけピックアップしたので、ぜひ参考ください!

 

学ぶべきスキル

 

この「サイト」には以下のスキルが必要です。

  • HTMLの知識
  • CSSの知識
  • Jqueryの知識
  • PSDの知識

 

枠組みを作っているのは、いうまでもなくHTML。そしてデザインを決めているのがCSSです。

メインビジュアルや動的なアニメーションは、jquery、で動かしています。

あと、コーディングにおいて、大事なスキルは「PSDファイルからスライス作業」だったりします。

 

PSDの知識が必須です

 

というのも、これができると「案件数」がグンと増えます。

 

PSDとはデザイナーとのやりとりでよくつかわれる納品ファイル形式です。フォットショップで作業するのが一般的です。

 

✔︎必要なスキル

  • スライスする技術
  • 余白やマージンの技術
  • 画像やパーツの配置技術

 

コーダーに求めらるのは、いかにデザインどおりに、HTMLに書き換えられる。これが大事です。

そして、この作業が一番苦労するところだったりするので、動画解説をみながら、模写していきましょう。

>> 解説動画を詳しくみる

 

プログラミングの知識は必要か

 

結論からいうと、YES、です。

 

こちらをご覧ください。

コーディング 3万
フォーム機能 +1万
決済機能 +1万〜10万
投稿機能 +10〜50万

 

コーディングで稼げるのは、1枚あたり3万が限界です。

ですが、プログラミングができるとグンと収益が伸びます。

 

※余談

ちなみに、この知識があるとWEB制作全般が作業可能になります。結局のところ、LPで学びつつ、WEBサイト制作をやっていったほうが収益アップにつながります。

 

フォーム機能に必要なスキル

 

PHPの基礎知識が必要になります。

 

フォームは最初の課題としてよく登場します。

というのも、POST、SESSION、メールなどサイト構築に必要なスキルがつまっているからです。

つまり、フォームを自作で作れるようになれば、プログラミングの基礎知識が学べます。

 

決済機能に必要なスキル

 

技術的には100万くらいの規模感です。

 

と言いつつ、現場では1から作ることは求められていません。それより、安価で簡単に実装できる、shopify、が人気だったりします。

 

過去にこんな要望がありました。

LP(ランディングページ)に決済機能をつけたい。費用はどのくらいかかりますか?

 

こんな感じで相談されて「100万で対応できます…!」といっても、クライアントもぜひお願いします、とはなりません。

それより「shopifyをつかえば安価で導入できます。導入費用は〇〇円」と提案したほうがうまくいきます。

要するに、導入方法を提案できる力、が大事だったりします。

このあたりは、やはり経験値が必要です。

 

投稿機能に必要なスキル

 

要するに、ブログ機能、です。

 

LPには「サイト型LP」と呼ばれる集客方法があります。実はこの需要が多かったりします。

 

ここで必要になるのが、WordPressの知識、です。

正直ここはやることがいっぱいあります…。

 

とはいえ、覚えておくべきことは以下です。

  • WordPressの基礎知識
  • テーマに関する知識
  • 投稿機能の知識

 

まずWordPressで動くように、HTMLをPHPに書き換える必要があります。

投稿機能をつけていくので、 投稿に関する知識も必要です。

 

※なお、さきほど説明したフォームですが、こちらは「contact form7」というプラグインを使えば、自作しなくても済みます。

なので、プログラミングの近道はワードプレスに関する知識をつけることだったりします。

 

まずはググろう

 

経験上、勉強は「遠まわり」です。

 

例えば、フォームを作ろう、とします。

・PHPの本を買う → ❌
・フォーム作り方でググる → ⭕️

 

やりたいことを前提です。わからなかったらググる。これがベストです。

 

ということで、実際にググってみます。

LP フォーム  設置

 

こんな感じで「フォーム」に関する情報がヒットします。

上から3〜5位くらいまで目を通せば、OKです。

 

※ちなみに、書籍の方がわかりやすいという意見もありますが、情報が古かったりします。WEB技術は日々変わっているので、Google先生がきくのが一番です。

 

とはいえ、プログラミングスクールも有り

 

「初心者だから何からはじめていいかわからない…」こんなふうに感じる人もいるかと思います。

 

そういうときは、プログラミングスクール、です。なかでも「TECH::CAMP(テックキャンプ)」がいいと思います。

 

理由は以下。

  • 情報がパーケージ化されている
  • 質問できる環境が用意されている
  • おなじ悩みを持ってる仲間がいる

 

理由1:パッケージ化されている

カリキュラムがあるって、めちゃくちゃ楽だったりします。

プログラミングスクールはやることがきまっているので、あとは作業するだけで効率よく学べる。これは大きいと思います。

結果、自走するよりも圧倒的に学習時間を短縮できます。

 

理由2:質問できる環境がある

 

あと、いいなあと思ったのが、一つあります。

それは、講師に質問できる仕組みです。

 

現場だとぶっちゃけ質問しづらかったりします。イヤホンつけていて、話しかけるなオーラー出している人も多いです…。

その点、お金を払っているので、遠慮なく聞いちゃってOKです。

テックキャンプだと、毎日質問ができて、オンライン上の質問部屋(フォーラム)が用意されています。

 

初心者にはとてもいい環境だと思います。

 

理由3:仲間がいる

 

・人脈できる&情報交換ができる
・モチベーションを維持できる
・仕事につながる可能性がある

 

フリーランスにおいて、人脈は大きな資産、です。

結局のところ、稼いでいる人の多くは、お金がもっている人と繋がっています。

そして、そういう出会いは、もともとの友人か、クローズドの場所ばかりです。

※僕のクライアントも「大学の友人」と「仕事場の同僚」です。

 

そういう意味でも、同じプログラマーを目指す人とリアルで繋がっておくのは大事だと思います。

 

最後に:自走しつつ学びましょう

 

結局のところ、スキルは、手を動かしてこそ身につきます。

なので、LPをみつつ、模写していく。その中で、どういうものが必要なのか、自分の頭で考えていくのがベストだと思います。

 

とはいえ、最初は何から初めていいのかわからず不安だったりもするので、集中的に学ぶのもありです。

今僕が学ぶなら、プログラミングスクールですね。

 

自分にむいているのかどうか気になる人はまずはカウンセリングから始めるといいと思います。

>> 【無料】TECH::CAMPのカウンセリングはこちら

※返金保証もついているので安心です。詳細はこちら。

 

集中的に学ぶことで土台ができ、学習スピードも速くなります。

ぜひ頑張ってください!

-LPO・ランディングページ

© 2021 ICHIKARA