テンプレート販売開始しました!   

LPO・ランディングページ

【サンプルあり】SEOキーワード選定のコツとその手順(ただし根気が必要です)

 

こんにちわ。さのっちです。

アフィリエイトをやっています。売り上げは3,000万ほど。

とはいえ、最初の1年は伸び悩んでいました。

 

そして、一番苦戦するのは、キーワード選び、だと思います。

 

言うまでもなく、サイトが伸びるかどうかは、キーワード選びにかかっています。

つまり、いいコンテンツを作っていても、キーワードを失敗していると、上位にさえ入ることができません。

 

そこで提案したいのが、オセロ戦略、です

 

どういうかというと、SEOは陣取り合戦です。つまり、いかに関連記事で上位をとることで勝敗が決まります。

そして、キーワードにはそれぞれ役割があったりします。

 

そこで、今回はサイトを作るときにおさえておきたい、キーワード選定のコツをご紹介します。

完成したキーワードマップを実際にお見せしますので、イメージしやすいと思います。ぜひ参考ください!

 

どういうキーワードを選ぶべきか

 

まずは大枠となるキーワードを決めていきます。

 

このあたりはご存知の方も多いと思いますので、さらっと紹介していきます。

 

具体的には、売りたい商品をベースに考えていきます。

 

例えば、ロレックス、を売りたいと思っているとします。

この場合、キーワードはロレックス、です。

 

もしくは、規模を大きくするなら、高級時計、です。

こんな感じで、まずは主軸となるキーワードを決めます。

 

SEOは陣取り合戦

 

要するに、SEO=チーム戦、です。

こう考えた方がイメージしやすいかもです。

 

さきほどの例でいうと、ロレックス単体の記事で攻めるのではなく、ロレックスに関する記事と一緒に書いていくようなイメージです。

 

ちなみに、渡部の歩き方、というサイトがあります。

こちらは現在単一で1位をとっています。

 

この手法はまさしくこのやり方で作っており、単一キーワードをベースにした記事で構成されています。

こうすることで、公式ページより上位表示でき、ドメインが強いサイトとも勝つことができます。

 

キーワードボリュームは10〜50を狙う

 

ぶっちゃけ、0、でもいいと思っています。

 

ここで伝えたいことは、1位を取れるキーワードを狙う、ということです。

 

言うまでもなく、ライバルはボリュームが多いキーワードを狙ってきます。同じように、100〜1000の規模を狙っても、おそらく勝てません。

 

ではどうするか。

他人とは別アプローチで攻めてしまうのです。

 

そして、意外にも、10〜50、は収益性の高いキーワードだったりします。

 

※余談

では、ボリュームが大きいワードを狙わないのか。というそうではありません。徐々にロングテールがとれてきたタイミングで、ボリュームの大きいところも狙っていくようなイメージです

 

収益ワードを狙おう

 

キーワードには2つしかありません。「収益ワード」と「集客ワード」です。

 

例えば、以下です。

・集客ワード → 高級時計
・収益ワード → ロレックス

 

集客ワードとは「興味はあるけどまだ購入するほどではない」という人が検索するワードです。一般的にボリュームが多いのが特徴です。その名のとおり、集客性が高い一方で、収益性が低いワードだったりします。

一方、収益ワードはボリュームは少ない。せいぜい0〜50くらいです。とはいえ、このワードは購入から近いワードなので、上位をとれさえすれば、売れます。

サイト立ち上げ数ヶ月で6桁の人は、この収益ワードで上位がとれている人です。

なので、まずはこの収益ワードから書くことをおすすめします。

 

キーワード選定の完成イメージ

 

完成のイメージです。

>> キーワードマップ | LP(ランディングページ)

 

みてのとおり、ちょい根気がいります。とはいえ、やることはシンプルです。

 

手順は以下です。

  • キーワードの抽出をする
  • マインドマップで整理をする
  • エクセルで優先順位をつける

 

ちなみに、このマップを作るに、4時間ほどかかりました。とはいえ、この作業をやっておくと、その後の作業が楽になります。

 

では、実際にやっていきます。

 

まずは、冒頭で決めたキーワードがあると思います。

 

このキーワードを「ラッコキーワード」で検索します。

そうすると、関連キーワードがでてきます。

 

これをマインドマップに整理していきます。

マインドマップは無料ツールでも構いません。僕は「mindmeister」を使っています。

 

この作業が一番時間がかかる作業です。

 

50キーワードを小分けにして、カテゴリ別にわけていくと整理しやすいです。

 

この作業が終わったら、エクセル、で優先順位を決めていきます。収益性が高いそうなワードには「1」、集客性が高いワードには「2」といった感じで、メモをしていきます。

 

※ちなみに、このキーワードを全部書く必要はありません。というのも、言い回しが違うだけで同じ意味のキーワードがたくさんあります。

ほかにも、関連性が低そうな記事はもちろん書く必要がないので除外します。

 

こんな感じで、絞っていきます。

 

最後に

今回は、キーワード選定を実際に作業するところまで、解説してきました。

どのくらいであがってくるかは、サイトの規模によります。が、おおよそ、ロングテールで1位がとれるとまわりが徐々にあがっていくようなイメージです。

そして、単一が1位になる1年くらいかかりました。

また、記事数に関しては、20記事くらいが一つ指標になると思います。

このあたりは、そのキーワードのボリューム規模によっての攻略する記事数が変わってきます。

 

ということで、今回は以上となります。

-LPO・ランディングページ

© 2021 ICHIKARA