テンプレート販売開始しました!   

LPO・ランディングページ

フリーランスに依頼しても大丈夫?LPデザインのみ費用・クオリティ【事例まで全部おみせします】

 

LPを外注しようと思っています。高額になるのでデザインとコーディングを分ける予定です。デザイン単体で依頼した場合、どのくらいの金額になりますか。

 

LPデザインをフリーランスにお願いするとなると、3万〜5万が相場です。

 

とはいえ、ジャンルに金額は変動します。

例えば、美容室。このジャンルはクラウドソーシングでもよくみかけます。こういうケースは、3万、あれば大丈夫です。

 

一方、作り込みが必要な「縦長のデザイン」だったりは、費用がグンと上がります。

 

この記事を書いているのは、WEBディレクターをしているフリーランスです。制作はすべて外注しています。

フリーランスを探すときは、クラウドソーシングが便利なので、実際のクオリティや費用感を一緒に見ていこうと思います。

 

LPデザインの制作事例

 

では、実際にみていきます。

 

例1)3万の場合

>> ワイヤーフレームを詳しくみる

 

例2)5万の場合

>> ワイヤーフレームを詳しくみる

 

みてのとおり、制作会社と比べてクオリティは変わりません。

というのも、制作会社出身のプロだからです。

 

実際に一緒に仕事すると、現役のデザイナーも多く、兼業でクラウドソーシングに利用していたりします。

ともすれば、制作会社よりも柔軟に作ってくれます。

 

LPのデザインの相場

 

各ジャンルの相場は以下です。

美容室・サロン 3万〜5万 集まりやすい
医療・病院 3万〜5万 集まりやすい
求人関係 3万〜7万 集まりやすい
商品LP 5万〜10万 集まりやすい
IT・サービス 5万〜7万 集まりづらい
アダルト 5万〜?? 集まりづらい

 

経験上、マイナーなジャンルほど募集が集まりにくくなります。こういう場合は、仕方がありませんが、金額をアップしていきましょう。

 

デザインが10万以上の案件

 

ごくたまに、デザイン費が10万を超える案件があります。

 

例1)イベントLP

こういうものはデザインとは別に、どう集客するか企画を立てていきます。そうなると、デザイナーの工数がかかるため、コストがあがります。

 

例2)商品LP

縦長のLPには、オリジナリティが求められます。メインビジュアルに見せ方にもかなり時間が使われています。なので、自動的に、金額も上がります。

 

費用の目安は「工数」です。

 

そのデザイナーにとって、工数がかかる案件は、費用が増えるようなイメージです。

とはいえ、このアイディアが必要な案件に関しては、フリーランスに依頼するより制作会社の方が詳しくノウハウを持っています。

ゴリゴリに作りたい人は、別記事に詳しく書いたので、参考ください。

 

良いデザイナーから提案をもらうテクニック

 

結論からいうと、コンペ、を使いましょう。

 

利点は以下です。

  • 大量のデザインから選べる
  • 追加費用がかからない
  • 探す面倒がかからない

今回は「ランサーズ」を使ってご紹介していきます。

 

その1:参考URLは入念に

 

依頼するうえで、大事なパートです。

 

というのも、デザイナーの多くはこの参考URLをベースに、デザインを作ります。

 

なので、どこを参考にしたいのか、明確にしておきましょう。

 

サンプル:参考サイトについて

https://andon.shop/
→ ページ構成で一番近い形

https://labot-inc.co.jp/designfoodmarket/
→ メインビジュアルの見せ方はこの形が一番近い

https://opendish.net/
→ jqueryの動き(ふわって出てくる演出)はこの形が理想。

こんな感じで、具体的に提示してあげると、デザイナーもイメージしやすいです。

 

迷ったら以下で参考URLを探してください

  • テイスト
  • 配色
  • 構成
  • パーツ

 

あとは、ワイヤーを用意しておくと、さらに良いと思います。このあたりは、こちらで詳しく書いたので、参考にどうぞ。

>> 【サンプル付き】LP(ランディングページ)のワイヤーフレーム設計テクニック(時短より修正回数を減らそう)

 

その2:期間はたっぷりと

 

期間を短くしないということです。2週間はみておきましょう。

 

もし納期に余裕があるなら1ヶ月たっぷりを用意しておくといいです。経験即上、優秀なデザイナーから提案がきます。

 

最後に

デザインとコーディングをわけるときに注意があります。

それは、納品形式、です。

ここがズレていると、コーディングのときに費用があがったりするので、必ず「PSD」にしてもらいましょう。

そして、事前にレイヤーをわけてもらうと、コーダーが作業しやすくなります。

伝え方は、納品形式はPSDでレイヤーをわけて、と伝えれば、デザイナーに伝わると思います。

 

今回は、このくらいにしておきます。

-LPO・ランディングページ

© 2021 ICHIKARA