テンプレート販売開始しました!   

LPO・ランディングページ

成約につながるランディングページ集客8選【コスパが高いものから説明】

2021年1月31日

 

LPの集客にはどんな方法がありますか。効率が良い方法を教えて欲しい

 

集客といえば「リスティング広告」を思い浮かべる人が多いと思います。

とはいえ、リスティングといっても「検索連動型広告」や「ディスプレイ広告」といわれるばらまき型の広告があります。

もっというと「facebook広告」「twitter広告」「instagram広告」など、自社にとってなにがベストなのか悩んでしまうと思います。

 

これを解決してくれるが、AISAS、です。

 

AISAS<アイサス>とは、Attention(注意)、Interest(興味)、Search(検索)、Action(購入)、Share(共有)、の略でユーザの購入行動を分解したマーケティング手法です。

 

集客していくうえで、とても便利なのでこの考えをベースに、各集客方法を解説していきます。

そして、どの集客が自社にとって最適なのかみていきましょう。

 

検索タイプから狙おう

 

結論からいうと、検索タイプ、から狙っていきましょう。

 

それぞれ集客タイプを図解してみました。

 

AISASによると、購入から近い行動が成約に近いとされており、検索タイプが隣に位置しています。

 

これをキーワードにおきかえてみます。

・興味の段階:高級時計、ロレックス
・検索の段階:ロレックス+品番
・共有の段階:ロレックス+品番+レビュー

 

購入が明確になると、キーワードもより精度が高くなります。

 

集客でいうと…

  • リスティング
  • マイビジネス
  • 媒体
  • SEO

 

このあたりが検索タイプになります。

 

リスティング広告

 

言うまでもなく、集客といえば、リスティング広告です。

 

そして、なぜこんなにも人気なのか。

それは、すぐに成果がでる、からです。

 

検索は成約から近い行動なので、このキーワードで1位がとれると、収益にすぐにつながります。

・1キーワードから出稿できる
・予算額にあわせてセーブできる
・コンバージョンの計測が可能

 

こんな感じで、自由度も高い。

 

どうやってやるか。

この2パターンがあり、仕組みはほぼ一緒なので、併用すること可能です。

 

まず最初に集客をやるなら、ここがおすすめです。

>>LPリスティング広告をはじめるまえに読んでほしいこと【まずは検索連動型広告を使う】

 

キーワード選びが重要です

 

さきほどもお伝えした通り、コンバージョンから遠いキーワードを選んでしまうと成果につながりません。

 

例えば、高級時計に、ロレックスのLPを集客するとします。

 

これだと、まだユーザはロレックスに興味を持っていない状態なので、コンバージョン率は低そうです。

 

では、LPを高級時計の比較サイトに変更したらどうでしょうか。

 

もしくは、キーワードをロレックス+品番にしてあげるのはどうでしょうか。要するに「キーワードとのマッチング」がポイントだったりします。

 

マイビジネス

 

無料ではじめられると最近注目の集客方法です。

 

Googleで検索すると、以下のように表示されます。

 

マイビジネスとは、リスティング広告と、オーガニック検索(SEO)の間に「枠」のことです。

 

要するに、SEOよりも上位に掲載もらえる、これがマイビジネスが最大の売りです。

 

年々SEOの難易度があがっている一方で、登録するだけでアクセスが見込めるため、利用者が爆伸中です。

>> Googleマイビジネス 公式ページ

 

※余談

とはいえ、攻略情報がまだ少ないため、上位掲載する方法はいまだわかっていません。メイン集客に考えるというより、まずは運用してみて効果をみながら判断がいいと思います

 

広告媒体

 

有名なのは「ホットペッパー」です。

 

メリット

  • 関心度が高いから成約率が高い
  • アクセスボリュームを持っている
  • 掲載するだけ一定のアクセスが見込める

 

サイト内で、レビューを見れて比較検討ができるので、ここから成約していく確率も高いです。

 

もっというと、店舗ページをつくってくれるので、LPさえ不要になるケースもあります。

ちなみに掲載してもらうには、固定費を払って出稿する方法が一般的です。

ほかには、食べログのように、予約が入ったら報酬が発生する仕組みもあります。

 

具体的に「どうやって自分にあった媒体」を探すか。

ジャンル名+地名

 

例1)横浜の美容室の場合、

 

「美容室+横浜」と検索してみます。

そうすると「ホットペッパー」がでてきます。

 

例2)横浜のパーソナルジムの場合、

 

「パーソナルジム+横浜」と検索してみます。

「ダイエットコンシェルジュ」でてきます。こちらは、パーソナルトレーニングジムに特化したポータルサイトです。

 

こんな感じで、上位掲載しているサイトから選べば間違いないです。

 

番外編:SEO

 

一般的に、LPでSEO集客を考えている方は少ないと思います。

 

とはいえ、将来的に考えるとコスパが高いです。

・毎月コストがかからない
・ほぼ無料で運用できる
・認知客の集客にも使える

 

きちんとコンテンツを作っているところは、実はコンテンツSEOをやっています。このあたりは「サイト型LPとは?SEOを意識したコンテンツづくり(事例付きで説明します)」で詳しく解説しています。

 

ばらまき型広告

 

  • ディスプレイ広告
  • facebook広告
  • twitter広告
  • instagram広告

 

要するに、認知顧客に対して訴求する集客方法です。

 

大きく違うのは、対象範囲、です。

 

狩りに例えるとわかりやすいです。

・検索連動型:狩り
・ばらまき型:漁業

 

狩りは、特定の獲物を狙うのに対して、漁業はたくさん魚を効率よく捕まえるために「網」で捕まえます。

 

そうすると、網には、魚もいれば、カニ、貝も入ってきます。もしかしたら、砂利しか入ってこないこともあります。

 

これはターゲットミスかもです。場所を間違えれば、魚(成約)は入ってこないこともあります。

 

一方で、facebook広告はターゲットの属性を絞ることができます。

例えば「都内在住」で「美容関連のツイートにいいねしている人」に対して広告を表示することが可能です。広告の精度もあがり、より伝えたい人に広告が届くようになります。

 

※ちなみに…

ばらまき型の場合、そのまま購入ページに進ませるよりも、無料お試し期間を用意したり、資料請求、などステップマーケティングを使うと効果的です。

 

まとめ

集客には、検索連動型とばらまき型の2つがあります。

成約率が高いので、まずはリスティング広告から始めるのがいいと思います。僕もそうでした。

 

あとは、どのくらいの予算で投下していいかわからないと思うので、キーワードツールで自分が使いたいキーワードの予算をみてみる、ところから始めましょう。

 

リスティングで成約したキーワードは、アナリティクスで集計できるので、こちらもあわせてチェックしておくといいと思います。

-LPO・ランディングページ

© 2021 ICHIKARA