テンプレート販売開始しました!   

LPO・ランディングページ

ランディングページの運用を楽にするレンタルサーバー【エックスサーバーがおすすめです】

 

ランディングページ用のサーバーをどうするか悩んでいます。

 

サーバーといえば「さくらサーバー」「ロリップ」「エックスサーバー」など、どこにしようか迷うことがあります。

 

もしかしたら、既存サイトを使って運用するう方法を視野に入れている人もいるかもです。

 

結論としては、WordPressが使えれば、どこでもOK。

 

あえていうなら、サブドメイン管理がしやすいところがいいと思います。その点「エックスサーバー」は便利です。

 

なぜなら、エックスサーバーは大量のサイトを運用向けに作られているからです。

 

この記事を書いてるのは、普段からエックスサーバーを利用しているフリーランスです。制作会社を経営しています。

 

後半では記事LPを考えている視野に入れている方向けに、サーバーに関する考えをまとめておきます。

SEO集客にも興味があるという方はぜひ読んでみてください。参考になるとおもいます。

 

なぜスペックを無視してもいいのか

 

というのも、サーバーに負担がない、からです

 

LPの特徴は以下です

  • 1ドメイン=1ページ
  • システムを必要としない
  • 画像枚数もさほど多くない
  • データベースの負荷もない

そして、よくよく考えるとサイトが重くて、影響があるのは、SEO、くらいです。

 

ページ単体でSEO集客を考えている人は少ないと思うので、スペックは無視しても大丈夫です。

となるのと、いかに運用しやすいかという話になってくるかと思います。

 

エックスサーバーが優秀すぎる

 

なぜなら、ドメイン管理がかんたん、だからです。

 

こんな感じで、ドメイン別にサイトの管理ができます。

 

LPの運用している方は、PPCや、効果測定のため、大量のサイトを運用していることも多いと思います。

 

その点、エックスサーバーなら、ドメイン単位で管理できるので、とても便利です。

 

設置も簡単

 

手順は以下です。

  • ドメイン登録
  • サブドメイン設定
  • ワードプレスのインストール

 

まずは、ドメインを登録して

 

登録できたら、次はサブドメインの登録をしていきます。

ちなみに、SSLは無料で利用できます。

 

あとは、簡易インストールを使って、WPをインストールします。

 

 

ここまで、5分程度でさくっと設定できます。

 

ちなみに、効果検証用にLPを分ける場合もあるかと思います。

 

サブドメイン使用例)

lp.ichi-kara.com:メインLP
lp2.ichi-kara.com:テスト用LPその1
lp3.ichi-kara.com:テスト用LP その2
mail.ichi-kara.com:メルマガLP その1
mail.ichi-kara.com:メルマガLPその2

 

各サブドメインごとに、コメントをつけることができます。

コメントをつけておけば、どのドメインがどれ用か一目でわかるので、便利です。

 

格安でサーバーを選ぶなら

 

できるだけコストを安くしたい方には以下です。

 

気をつけてほしいところが一点あり、それは「ワードプレスが使えるかどうか」です。

例えば、さくらのライトプランは、ワードプレスが使えません。

使う場合は、スタンダードプラン以上をご利用ください。

 

このあたりは各サービスに詳しく書いてあるので、安く済ませたい方はどうぞ。

ちなみに、エックスサーバーは「X10プラン(1200円)」「X20プラン(2400円)」「X30プラン(4800円)」どのプランでも使えるようになっています。

>> エックサーバーをプランを詳しくみる

 

サイト型LPを視野に入れるなら

 

その名のとおり、トップページがLP。下層ページに関連記事を置くというスタイルです。

 

こちらは、特化型サイトの作り方と一緒です。

 

なので、普段作るようなサイト構成になります。つまり、さきほど除外した、スペック、を入れておく必要があります。

 

とはいえ、エックスサーバーを選んでいれば、そのままでOKです。

 

というのも、エックスサーバーは「国内シェアNo.1」に選ばれており、「高スペック」「実績」ともに評価が高いレンタルサーバーです。

 

あと、サイト型LPを目指す場合は、テンプレート、にも意識しておくといいと思います。

SEOに強いといわれるテンプレートがあるので、このあたりを参考にしてください。

 

既存サイトを使う場合

 

ここまで、新規で契約する方向けに、説明してきました。

 

とはいえ、既存サイトを流用したいという方もいるかと思います。

そんな方向けのアドバイス

  • サブドメインを使おう
  • 関係なサイトならnoindex
  • 関係あるならリンクを流す

 

以前も書きましたが、サブディレクトリよりもサブドメインで管理した方がいいです。

もしそのサイトと関連性がなければ、noindexタグをいれて、ググっても検索されないようにしておいてください。

 

ワードプレスなら管理画面から

設定 > 表示設定 > 検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする

にチェックをおけば大丈夫です。

 

関連性があるものであれば、リンクを流しておきましょう。こうしておくと、SEO的にも有利です。

-LPO・ランディングページ

© 2021 ICHIKARA